居抜き物件を数ある中から探そう!

居抜き物件の詳細について書いています。

居抜き物件のオススメポイント

最近、居抜き物件で新たな営業を始めるお店が増えています。居抜き物件とは前に営業していた店舗の内装がそのまま残っている物件です。例えば元々スーパーだった物件であれば、コンビニや小物屋さんを始める際に内装をほとんどそのまま使うことが出来ます。初期費用を大きく抑えることが出来るので非常に合理的です。特に同業種の場合は内装を使いやすくなっています。そのため、ファミリーレストランだった物件を喫茶店にしたり、うどん屋さんを定食屋さんにしたりするケースが多いです。居抜き物件は売り主にとってもメリットがあります。本来ならどうしてもかかってしまう撤去費用を抑えられるからです。この仕組みによって同じ内装が続くことによって資材などを無駄にすることもありません。現在の社会情勢や社会環境にマッチしているといえる仕組みです。

備品が使用できるか確認して居抜き物件を契約する

居抜き物件を内見をする際に十分に注意をしなくてはならない事があります。それは置いてある備品が、しっかりと使う事ができる状態になっているのかと言う部分になります。設備が整っているとそれだけで安心をしてしまう傾向がありますが、使用をする事ができない状態の物であれば、全く意味がありません。契約をしていないと電気が通っていないので、電気を使用して動く物の確認ができません。この際は不動産業者の方に確認をすると良いです。備品はしっかりと動くのかと確認をすると、答えてくれます。使用できると言われていたのにも関わらず、契約をして実際に使用をしてみたら動かない場合もあります。この場合は契約後に不動産業者に連絡をすると良いです。使用できると言われていたのに、使用できない場合は、嘘を言われた事になるので、相手のお金で直してもらえる可能性が出てきます。

居抜き物件とイメージを考える

イメージが大切になる商売ですが、居抜き物件を契約する際は、このイメージをしっかりと考えなくてはなりません。居抜き物件で自分が商売を始めると、全てがゼロからのスタートになると感じている方が多いです。しかし実際はゼロからのスタートではありません。自分の中ではゼロからのスタートになるのかもしれませんが、その周辺の方からすればプラスかマイナスのイメージになります。自分が契約をしようとしている居抜き物件の前の方が、なにか大きなトラブルがあって、店を辞めた可能性もあります。この場合は周囲からのイメージはあまり良くない物になってしまいます。不動産業者の方でも、イメージまでは把握できていない可能性がありますが、なぜ店を辞めたのかなどは知っているはずです。契約前に質問をして、契約をしても大丈夫そうなのか判断をしましょう。

お問い合わせは、月~金曜日10:00~18:00、土曜日10:00~17:00で定休日は日曜・祝日です。 開業をお考えの方はABC店舗で理想の物件をお探しください! ABC店舗では、サイトに掲載前の未公開物件情報を会員様へ先行してご紹介するサービスを開始しました。 あなたのお店には価値があります。 物件を360°見渡せるパノラマ映像をご用意しております。 居抜き物件を探すなら内覧会情報多数の「ABC店舗」

7月 13th, 2016 at 6:44 pm

Posted in