大阪で人気のバーチャルオフィスはこんなタイプ

大阪のバーチャルオフィスは全国各地、色々な都道府県の人が利用しているという特徴を持ちます。都心部を中心に市内全域で展開されていますので利用申し込みも比較的に簡単に行うことが出来ます。身近な利用例としては電話代行が必要な個人事業主や外回り営業の多い事業主、自宅で法人登記が行えない事業主、所在地に看板を構えたい事業主、ホームページを掲載したい場合、自宅事務所を公開したくない場合といった場合があり不動産業者の中にも専用に貸し出しているところも少なくないとされています。電話転送や電話・荷物受け取り代行などのサービスも充実しています。人気のある住所は多く人が集中することもあり、早めに決まってしまうことが多いとされています。中には1日3時間まで無料で利用できるところもあります。

大阪のオフィスの特徴とはどういうものか

大阪のバーチャルオフィスは一等地の住所で法人登記が可能になっています。バイリンガルの応対者が指定の社名で電話応対し設定されている電話番号へ転送を行います。Eメールや携帯電話で受信可能なボイスメールで連絡が行える秘書サービスもあります。貸し会議室も完備していてビデオ会議も行えるようになっています。1日3時間まで世界各地のワーキングラウンジを無料で利用できるところもあります。海外と契約都市以外の個室オフィスは月3日まで無料で利用でき、最初の月は初期設定費100円のみ必要で1ヶ月間は無料で利用でき且つその期間が終了後も継続利用する義務はありません。パッケージ価格は全てのサービス内容が含まれていてしかも割安価格になっている為に利用しやすい料金システムになっています。

立地面から見た場合の特徴としては

大阪のバーチャルオフィスは市内で最も価値の高いビルにあります。場所も市内の一等地にありモダンな外観でよく知られています。ビル内部には数多くのブティックやカフェ、高級レストランが入居し8階から20階までは優良企業が数多く入っています。交通アクセスにおいてもJR駅が目の前にあり鉄道・地下鉄を縦横に利用することが出来ます。空港へ直行するリムジンバスも運行していて遠方への出張も便利な立地になっています。駅を中心として百貨店や商店が集積する西日本最大の繁華街があり市内随一のビジネス街が形成されています。近隣にはエンターテインメント施設としての劇場もあり、駅の北側では大規模な再開発計画が進行中で新たな複合施設も誕生しています。エリアとして魅力がありさらに大型の再開発計画もあるとされています。